カテゴリー
アーカイブ

各駅停車で北海道行ってくる 3日目

2010/07/28

防波堤ドームの中は、地元の人達の散歩コースになっているようだ。
ジョギングしている方や犬の散歩をしている人達が多かった。
この場所にテントが張られているのも慣れている感じで、朝の挨拶を普通にされる。

テントをたたみ駅に向かうが、隣のチャリダーさんは起きていないようだった。
朝の5時半なので当たり前だが。

夜遅くにドームに着き、寝袋だけで野営していた旅人が起きたところだったので挨拶をする。
同じ始発の汽車に乗るとの事だったので、世間話がてら自己紹介と情報交換をした。
礼文島で2ヶ月バイトをしていて、これからゆっくりと内地に引き上げるとの事だった。
旭山動物園に寄るそうなので旭川まではいっしょだ。

稚内駅の駅弁を買おうとしたが、7時から開店なので「かにめし弁当」はあきらめる事にした。
始発に乗らないと、帯広の豚丼が食べれなくなりそうだったので。

稚内駅から名寄駅までは、ほとんどの駅が無人で秘境駅と言っても良いだろう。

最後に生活の中で駅が使用されたのは、何年前になるのだろうか?
裸眼で見える範囲に民家は無い駅が殆どだ。
有人駅の周囲には、当たり前だが集落は存在する。
無人駅の周囲は、牧草地帯や原生林が広がり人の気配が無い。

今回の旅は、以前に秘境駅の本を買ってしまった事がトリガーになっている。
宗谷本線だけでも数駅の秘境を堪能できたので満足ではある。
スケジュール次第で、全国でもTOP3に数えられる駅にもアタックするつもりだ。

途中の音威子府で70分の停車時間があり周囲を散策した。
立ち食いソバを食べるつもりだったが、水曜が定休日だった。
往路で食べていて良かったが、朝飯をここで済ませる予定だったので、急いで近くのスーパーに向かった。

北海道では、陸自の車両を当たり前のように見かける。
おそらく第二師団の名寄普通科連隊だろう。

昼を回ったところで旭川に到着した。
駅を出た喫煙所で、稚内から一緒だった旅人さんと少し話をしてから別れた。
旭川ぐらい大きな街になると、大荷物のバックパッカーは浮いた存在に見える。

ここからは、富良野を経由し帯広を目指す。
美瑛や富良野は、観光ガイドでも必ず取り上げられるので、旅行者がとても多い。
「へそ祭り」が始まる事もあり富良野駅前は賑わっていた。

富良野から帯広へアクセスするには、直通が無ければ新得で乗り換える事になるが、非常に本数が少ない。
行動していた時間帯の汽車では新得まで行けず、一つ手前の落合が終点となる。
そこで、さらに一つ手前の幾寅で降りる事にした。

この幾寅駅は、映画「鉄道員(ぽっぽや) 」の舞台に選ばれた駅で、撮影用に駅が改修され今もその姿のまま運用されている。

駅の中と外に撮影で使用された小道具やセットが残されている。

観光客も少なく落ち着いて見学できるので穴場だと思う。
寒さは厳しいが、真冬に訪れると映画の雰囲気そのものが見れるのだろう。

機会があれば、冬にこの地を訪れて雪の中から入線してくる汽車を撮りたい。
そこ頃には、南富良野にも光が開通しているだろう。

1時間半ほど見学した後、新得行きの汽車に乗り帯広の豚丼を目指した。
新得で乗り換えた時、稚内へ向かう汽車の中で会ったおじさんと偶然再会した。
喫煙所で数回話をしていたので、お互い顔を覚えていた。
おじさんは釧路方面へ向かうとのことで、帯広の駅でお別れをした。

帯広には19時半に到着したが、殆どの店が閉店準備をしていた。
駅前の「ぱんちょう」に行くつもりだったが、すでに閉店しており次候補の「桔梗」は店舗が無くなっていた。
それならば遅くまでやっている「はげ天」しかないだろう。

【豚丼 950円】

思えば初めて食べた豚丼もこの店だった。
見た目はコッテリしているが食べると意外な程アッサリしている。
豚丼にこんな値段は出したくないと思われるだろうが、3〜400円程度の名前だけの豚丼と一緒にしないで頂きたい。
この「値段をっ」払うだけの価値はあるッッッ!!
と言いたいが味の好みは人それぞれなので、帯広に訪れた際には騙されたと思って食べてみて下さい。
最近は通販でも販売しているので、タレだけ取り寄せて家で作るのも良いかと。

帯広からは、レンタカーを借りて襟裳方面へ向かい釣りをするつもりだったが、レンタカー屋が軒並み閉店しており天気も悪い様なので、途中で情報を貰った新得のライダーハウスへ行く事にした。
新得駅前のライダーハウスは無料で電源もあるため、携帯やデジカメの充電をするのに助かる。
戻る途中の汽車が特急待ちの時間調整のため停車している時に、ホームでタバコを吸っていると運転手さんが「貨物列車が鹿と接触したので暫く停車する」と言ってきた。
さすが北海道だ。期待を裏切らない。
二人でタバコを吸いながら話をしていたが、「東京はホームで吸えないから可哀想だね。」と同情された。
昔のように席に灰皿があり、駅弁とポリ容器のお茶で旅ができたら気持ちいいのにね。
と思ってたら国鉄灰皿ってヤフオクに出品されてんだ・・・買っちゃおうかな・・・

戻りの汽車が出るまで1時間以上あったので、風呂をすませようと思ったが、少し町外れまで行かないと安い銭湯が無い。
銭湯と言っても、この辺りは当然のように温泉だ。
歩いていく時間もないので、割高だがホテルの温泉に入る事にした。
駅前の「十勝ガーデンズホテル」が800円で日帰り入浴をしていた。
だが常に入浴のみを受け付けている訳では無いそうなので注意されたし。

新得に到着したのは十時半を回っていたが、ライダーハウスは目の前なので問題ない。
先客が5人程いたがスペースには余裕がある。
充電をしながら他の人と情報交換をした。

日付が変わる頃に就寝したが、毎日始発から終電まで忙しい。

【本日の乗り継ぎ】

普通 稚内発 名寄行き
稚内 06:24発
名寄 10:54着

普通 名寄発 旭川行き
名寄 11:06発
旭川 12:55着

普通 旭川発 富良野行き
旭川 13:38発
富良野 14:51着

普通 滝川発 落合行き
富良野 15:18発
幾寅 16:10着

普通 滝川発 新得行き
幾寅 17:36発
新得 18:09着

普通 新得発 池田行き
新得 18:25発
帯広 19:30着

普通 帯広発 新得行き
帯広 21:14発
新得 22:22着

タグ: , ,

コメントをどうぞ