カテゴリー
アーカイブ

白川郷に行ってきた

雪深い白川郷に行きたかったので、仕事を辞めてみた。
後悔はしてない。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
松本市内を抜け、上高地が近づいてくると、道路が白く変わった。
通行止めの表示も無かったので、県境は越えられるのが分かり安心した。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

安房峠の長いトンネルを抜けると…
高山市内に近い場所まで、雪道が続いていた。

白川郷へは17時過ぎに到着したが、先に宿へチェックインするため、更に10kmほど先へ進んだ。
雪の壁が車より高いので、予約した宿の白山荘を見つけるのに手間取る。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

この集落唯一の合掌造りの民宿。
屋根に雪が育っていて、期待していた通りの状況だ。
一先ず温泉に浸かり、晩飯を食べてから白川郷のメイン集落へ向かうことにした。
山菜・山女魚・飛騨牛のステーキと大変美味しゅうございました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

晩飯後に白川郷を一望できる展望台を目指して、吹雪のなかを30分程かけて、ゆっくりと移動した。
ヤバい。豪雪地帯ヤバい。
前が見えない。

展望台にたどり着いた時は、集落を照らすライトが消えガスも出てきたため、直ぐに引き上げ集落をブラ着いた。
夜景を撮るなら、日の落ちたぐらいの時間が調度良かったのかもしれない。
観光写真にあるような、窓に灯りが灯った写真は撮れなかった。
残念だ orz
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

翌日は朝一で展望台に向かい、集落の全景を眺めた。
ずっと見たかった光景が広がっていた。
仕事を辞めて良かった。

展望台1

展望台2

暫くすると観光バスが到着したのか、集落内に人が溢れてくるのが見えた。
人気の無い感じで撮りたかったため、朝一で行動して正解だった。
0900~1600の間は、居住者以外の車乗り入れができないため、近くの駐車場へ車を入れ散策を開始。

少し脇道へ入ると人気も無くなり、静かに眺めることができる。
合掌造りの家は、大体が民宿の様であるが、生活感があり普通の観光地とは違った赴きがあり、ずっと見たかった光景にあふれていた。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

目抜通りの方は、土産物屋が建ち並び外国人観光客が、物珍しそうにはしゃいでいた。
日本人には、どこか懐かしい風景に感じたが、外国人にはどのように目に写っていたのだろう。

狭い集落なので、2時間もあれば一周できてしまう。
昼飯に蕎麦でも食べようと思ったが、観光客が増えてきたので店が混み始めていた。
売店で軽く食事を済ませ、天気が崩れる前に引き上げることにした。

「飛騨牛めし 300円」
出汁が米に染み込み、かなり美味い。
丼いっぱいに食べてみたい一品だ。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

次に来れるときは、白川郷集落内に宿を取って、もう少しじっくりと楽しみたい。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

集落の外れにあった建物だが、周りとの違和感が…

タグ: , ,

コメントをどうぞ